ストレッチで胃のトラブルも解消

胃が痛い、胃もたれ、食欲不振…

おはようございます。
FUJIREX ボディメンテ・スタジオ
パーソナルトレーナーの藤岡直也です。

本日は、
胃に効果的なストレッチを
ご紹介させていただきます。

この時期、忘年会や飲み会が、
多い季節になりましたね。

体調を壊している方も
いるのではないですか?

緊張やストレスが続くと
「胃」の不調として
現れることもあります。

自立神経が乱れると
胃の周辺筋肉が硬く収縮して
胃を圧迫するため、
胃の働きが低下してしまいます。

わき腹をしっかり伸ばして
内臓周りの筋肉をほぐす事で
圧迫された胃が解放されていきます!

では実際に実技を
やっていきましょう!
↓↓↓↓↓↓

頭の上でタオルも持ち、わき腹を伸ばす

①足は肩幅に開き、
腕は肩幅より少し広めの幅で
タオルを持ちます。

頭上に伸ばして8秒ほど
キープして下さい。

そのまま腕を横に倒し、
上になっている方の二の腕、

わき下、わき腹にかけての
ラインを伸ばして
8秒ほどキープして下さい。

反対側も同様に
行って下さい。

この横のラインを
しっかり伸ばすことで、
胃や肺を圧迫していた筋肉が、

ほぐれて血液とリンパの流れが
改善していきます。

縮んでいた胃の働きが、
回復していきます!

さらに倒し、胃の周辺を伸ばす

①の状態から、
伸ばしている側の腰を斜め上に
突き出して8秒ほどキープ!

さらにわき腹の伸びを
感じることができます。

反対側も同様に行って下さい。
わき腹の奥にある深層筋が、
より一層伸び、

胃の周辺の筋肉がさらに
伸びてほぐれていきます。

筋肉がほぐれると
副交感神経が優位な状態へと
切り替わりやすくなりため、

胃の働きが良くなっていきます。
是非、チャレンジしてみて下さい。

 

関連記事

  1. 良い姿勢を保つには、上半身より下半身の柔軟性⁉…

  2. 目覚めスッキリ ストレッチ

  3. 視力が回復するストレッチ法

  4. 除雪をする前にストレッチ

  5. 肩こり撃退ストレッチ

  6. 運動前にするストレッチのタイミングで注意することとは?

プロフィール

藤岡直也プロフィール

藤岡直也(ふじおかなおや)

↓↓↓

詳しいプロフィール
  1. 2019.11.18

    セルフストレッチが必要な理由

  2. 2019.11.12

    ランナーは貧血が多い⁈

  3. 2019.11.06

    ストレッチで呼吸が楽になる方法

  4. 2019.11.01

    しなやかな体を作る毎日の朝、夜ストレッチ

  5. 2019.10.28

    筋トレ効果アップのカギを握る10分のストレッチとは?

公式YouTubeチャンネル