外ももの張りをスッキリさせるストレッチ

太ももの外側が硬いと足がスッキリ見えない?

こんにちは!
FUJIREX ボディメンテ・スタジオ
パーソナルトレーナー藤岡直也です。

内股気味のタイプは、
太ももの外側が張って
太くなりがちになります。

外ももが張ると、
タイトなラインのパンツが
似合わない…

なんてことも
ありますよね!

外ももの硬くなった筋肉を
ほぐして張り感を解消し、
スラっとしてカッコイイ足を
目指しましょう‼

ストレッチのポイント

内股の人の場合、
股関節の付き方が不安定に
なるため、それを支えようとして

股関節周りや外ももの
筋肉が張りやすくなります。

そこで、
外ももの筋肉をよく伸ばし、
外ももを覆う「腸脛靭帯」
(ちょうけいじんたい)を

ストレッチしてリンパと
血液の流れを活性化していきましょう。

太ももの冷え改善にも
効果があります。

では、早速実技の方に
入っていきます。
↓↓↓↓↓↓

クロスして外ももを伸ばす

①仰向けに寝て足を
クロスして外ももを伸ばして下さい。

仰向けに寝て足を伸ばし、
片足をもう片方の足の上に
かぶせるようにクロスして、
足先を床につけましょう。

上になった足のひざ裏を
手で軽く引くようにして、
外ももの筋肉を伸ばしていきます。

腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)をほぐす

床に足を伸ばして座り、
片足を軽く曲げます。

ひざ横~外ももの付け根までを
覆っている腸脛靭帯(下記の図を参照)を
ほぐしていきます。

ひざ横を厚めにつかみ、
ギュッと力を入れて5秒キープします。

太ももの付け根までを
3か所に分けて強めにつかみます。

これを5回ほど繰り返します。

外ももの表面にある腸脛靭帯
(ちょうけいじんたい)を
ほぐすことで、

その下にある筋肉もほぐれだし
リンパの流れも促進されて
スッキリしてきます。

腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)とは?

骨盤と股関節をつなぎ、
外もものを覆っている
太く長い靭帯です。

固まりやすい靭帯で、
ここが固まると、

その下にある太ももの筋肉の
伸びが悪くなり、

外もも全体が
硬くなってしまいます。

そのため、ここを
ほぐすことが大切です。

是非、試してみてくださいね。

質問、
ご予約はお問い合わせフォームから
お願い申し上げます。

関連記事

  1. 座ったままするストレッチ法

  2. 膝に効くストレッチって何?

  3. 横隔膜ストレッチ

  4. 視力が回復するストレッチ法

  5. 除雪をする前にストレッチ

  6. 【運動後にするストレッチのタイミングで注意することとは?】

プロフィール

藤岡直也プロフィール

藤岡直也(ふじおかなおや)

↓↓↓

詳しいプロフィール
  1. 2018.11.23

    予約状況

  2. 2018.10.28

    2019年1月より料金の変更を致します

  3. 2018.10.08

    相棒募集

  4. 2018.10.07

    1ヵ月待ち

  5. 2018.08.23

    残っている部分を最大限に生かす

公式YouTubeチャンネル