座っている時に肩こりが辛い時どうしたらいいのか?

おはようございます。
FUJIREX ボディメンテ・スタジオ
代表の藤岡直也です。

肩こりで辛い経験をされていませんか?

私はプロ野球独立リーグを現役引退し1ヵ月間、
何もストレッチもトレーニングも
しなかった時期がありました。

その時に初めて肩こりを経験しました。

現役生活の時は、肩こりや腰痛って何?
悩む人の気持ちがわからなかったのです。

当たり前ですよね。笑
朝から晩まで全身の筋肉を動かしています。
使い過ぎで痛めた事はありますが、
慢性的な凝りや肩こりにはまずならなかったです。

しかし、一般の方に朝から晩まで身体を動かしたら
肩こりは治りますよ!

そう言ってしまえば怒られてしまいますので
一般の方でも簡単にできる肩こり解消ストレッチを
ご紹介したいと思います。

最後で動画もご紹介しますが、
まずは姿勢をキレイにするところから
はじめていきましょう‼

姿勢が悪い状態でストレッチをすると
効果が半減してしまいます。

場合によっては逆効果になるケースもあるので
注意して下さい。

特に猫背の状態で肩こり解消のストレッチをしても
もちろん効果はありますが同じ時間、同じやり方で
ストレッチをしているのに勿体ないです。

正しいストレッチをして効果を高めたい時は、
正しい姿勢で行いましょう。

では、座っている時の正しい座り方は?

まずは、座骨で座って下さい。
座骨って分かりますか?
お尻の付け根の部分です。

「座骨」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

 

悪い座り方は、尾骨で座っています。
いわゆるしっぽの方で座っているので姿勢も悪くなります。

長時間悪い姿勢で座っていると腰に痛みが出たり
筋肉が引っ張って固まってくるので座り方には
十分気をつけてくださいね。

では、動画のストレッチの紹介です!
「ぐるぐるストレッチ」です‼

呼びやすいですよね?
手のひらから肩甲骨の付け根までを
一気にグルグル回すストレッチです。

1:座骨でしっかり座って下さい。
その時に姿勢も一緒に正して下さい。

2:両手を真横に広げます。
※その時点で肩が痛い場合は、上がるところで構いません。

3:できるだけ手の指もしっかりピンっと伸ばした状態で
まずはゆっくり手のひらからグルグル前、後ろと捻っていきましょう。

4:最初はぎこちないですが毎日やっていると
スムーズにできるようになっていきます。

5:回数は、10~20回の間を1日2セット行って下さい。
※回数はあくまでも目安なのでトレーナーに決めてもらうのがオススメです。

是非、トライしてみて下さい‼

 

 

関連記事

  1. 男性こそ「開脚ストレッチ」

  2. 50代からの身体悩み 第1位は?

  3. 手先の冷えを改善するストレッチ 動画編

  4. ふくらはぎのむくみを取るストレッチ

  5. 冬でも裸足で過ごせる

  6. 手先の冷えを改善するストレッチ