運動前にするストレッチのタイミングで注意することとは?

こんにちは藤岡です。

お客様からのご質問で運動前のストレッチのタイミングで注意する事は?
確かに運動する前、運動する後のストレッチの内容が一緒の方は、
「危険」かもしれません。

運動前に運動後のストレッチのやり方をしてしまうと何が危険か?
怪我をしてしまう恐れがあるという事です。

では運動前のストレッチの方法をご紹介したいと思います。
基本的に動きをしている状態で筋肉を伸ばしていきます。

筋肉を伸ばしながら身体を動かしていく方法です。
例えば肩甲骨をグルグルと回しながらスキップをしたり
股関節を回しながらツーステップをしたり…
色々たくさんあります。

少し専門的な話をすると時間をかけて筋肉を伸ばしてしまうと
筋肉が伸びすぎてしまい暫く脱力感が抜けなくなります。

脱力感が抜けて正常な状態に戻るのが、早い人でストレッチをしてから30分後になります。
これは個人差があるので30分経ったから大丈夫と勘違いしてしまう人がいますが、
大事な試合の前は危険ですので必ず動きをした動的なストレッチをしてください。

この方法をしっかり身についている人は、長くマラソンやスポーツをできるようになります。
ストレッチもタイミングややり方があります。正しいストレッチの方法、正しいタイミングで
ストレッチを行ってくださいね。

関連記事

  1. 耳ストレッチで脳が活性化

  2. いきなりランニングは危険⁉

  3. 大切な事を忘れてはいけない

  4. お尻の筋肉をストレッチして腰痛撃退

  5. 五十肩を放っておくと危険

  6. 横隔膜ストレッチ