頭痛に効くストレッチ

緊張性頭痛

FUJIREX ボディメンテ・スタジオ
パーソナルトレーナー藤岡直也です。

皆さん、頭痛はありますか?
頻繁にある人は、
要注意です。

もしかすると肩や首が、
凝ってきて血流の流れが、
悪くなり脳への酸素が不足し

酸欠を起こし頭痛になっている
可能性もあります。

頭全体が締め付けられるように痛む

頭全体が締め付けられるように
痛む場合は、「緊張性頭痛」と
言われています。

首から肩、
背中にかけての筋肉が、
緊張することで呼吸が、
浅くなり、

脳への酸素不足が、
起こることが一つの原因です。

改善と予防

改善と予防には、
肩周りのこりをほぐし、
肺に酸素を取り込めるように
することがポイントです。

ただ、
痛みが強いときは、
ドクターの診断を受けましょう!

原因はこれじゃない⁉

日常生活で思い当たる点は、
ないですか?

・猫背の姿勢
・合わない枕
・長時間同じ姿勢
・デスクワークのお仕事

などなど…
思い当たる人は、
いるんではないですか?

では、頭痛に効く簡単ストレッチを
ご紹介します↓↓↓↓↓↓

肩・首の正しい位置を作る

椅子に座って、
お尻の下に手を入れると、
出っ張った骨が(座骨)、
確認できます。

左の座骨だけで座る。
今度は、左のお尻を持ち上げて
右の座骨だけで座る。

左右交互にゆっくり3往復ぐらい
行ってください。

そのあと、
左右の座骨が座面に均等に
あたるように座ったら、

両腕を頭上に上げて
大きく背伸びをして
5秒ほどキープしてください。

骨盤のゆがみを整えて
正しい姿勢に近づきます!

肩周りの筋肉をほぐす

椅子に浅く腰かけ、
椅子の背を上からつかみ、
腕を伸ばします。

肩甲骨を寄せ、
胸が前に出ることで、
肩が開かれて本来の位置に
戻っていきます。

この状態を5秒キープ!
肘を曲げ、椅子の背に状態を
引き寄せ5秒キープします。

肩~肋骨周りの筋肉が、
ほぐれることで、リンパの流れが
改善していきます。

呼吸の際に肺の動きが、
良くなり、酸素が多く
取り組めるようになります。

脳の酸素不足を解消できるので
是非、試してみて下さい。

関連記事

  1. 座っている時に肩こりが辛い時どうしたらいいのか?

  2. ストレッチで胃のトラブルも解消

  3. 運動前にするストレッチのタイミングで注意することとは?

  4. 冬でも裸足で過ごせる

  5. いきなりランニングは危険⁉

  6. 横隔膜ストレッチ