50肩に効くストレッチ

50肩の方は読み進めて下さい!

FUJIREX ボディメンテ・スタジオ
代表の藤岡直也です。

本日は、
50肩について話していきます。

最近よく50肩で辛いという方から
お問い合わせを頂きます。

なぜ50肩になるのでしょうか?
考えた事はありますか?

痛い痛いばかりに
囚われて

日常生活の見直しや
姿勢のチェック、
柔軟性の確認などは、
したことがありますか?

していなければ、
『危険』です。

すぐに専門のトレーナーや
チェックできる人に確認して
もらって下さい。

もちろんFUJIREXでも
OKです!

原因!

「四十肩・五十肩」は、
江戸時代の文献にも
登場するほど昔から知られた病気です。

特に日本においては、
ポピュラーな症状の
一つです。

現在もはっきりと
解明されていませんが、

加齢に伴い肩の関節や筋肉、
肩周辺組織に固くなったり
縮むなどの変化が起こることで

炎症や痛みを引き起こすと
考えられています。

これらの直接的な部分に加えて、
普段の生活習慣やストレス、
ホルモンバランスの変化といった、
間接的な事が、

重なることでも
発症のきっかけになるとも
言われています。

発症しやすいタイプと発症しにくいタイプ

四十肩・五十肩は、
四十代以降の人に発症しやすいという
共通点がよくあります。

両方の病気とも共通の原因により、
共通の症状を示す病気で、


男女差、運動習慣のあるなしなどに
差がほとんどありません。

また、
左右の発生率についても
違いがなく、利き腕だから
発症しやすい事実もありません。

ただし若い頃に、
野球をはじめとしたスポーツで
肩を酷使し、肩を痛めたことが、

ある人は発症しやすい
傾向にあります。

また普段から姿勢が悪い人は、
重心が前のめりになり、
体が歪みやすいため、

四十肩・五十肩のリスクが
高くなります。

猫背になりやすい人は、
普段から正しい姿勢を
意識して下さい。

また生活習慣が、
不規則で睡眠時間、寝不足、偏った食事、
血液不順を招く強度なストレスも

四十肩・五十肩に
良くないと言われています。

40肩・50肩の予防法は?

顔や髪の毛は、
毎日鏡でチェックするために、
ほんの少しの傷もすぐに
見つけることができますが、

体の内部で起こる病変は、
直接人の目に触れないため、
自覚症状が出るまで
なかなか気づきません。

発生の原因やメカニズム等、
まだ分かっていない所が、
多い四十肩・五十肩ですが、

いきなり突然痛みに
襲われるわけではなく、
肩の内部から徐々に進行し、

症状としては、
肩に違和感やしびれといった前ぶれが、
みられることがほとんどです。

このような肩の変化を見逃してはダメです。
普段の生活から意識的に
肩の声に耳を傾けていきましょう!

あまり知られていないことですが、
四十肩・五十肩の発生率は、


全身を伸ばすストレッチや適度な
運動といった予防措置を
習慣にするだけで、
大きく変わってきます。

出来る範囲で毎日続けることを
目標に、腕の動かせる範囲を大きくして、
それを維持するように心がけましょう。

「痛くないから問題ない」
「まだ若いから楽勝!」
なんて油断している人は要注意です。

やはりストレッチが大事なんですね!

次回の勉強会は
↓↓↓↓↓↓
https://www.facebook.com/events/200624113821495/

関連記事

  1. 五十肩を放っておくと危険

  2. 男性こそ「開脚ストレッチ」

  3. 頭痛に効くストレッチ

  4. なぜストレッチは一人ではダメなのか

  5. 視力が回復するストレッチ法

  6. 目覚めスッキリ ストレッチ

プロフィール

藤岡直也プロフィール

藤岡直也(ふじおかなおや)

↓↓↓

詳しいプロフィール
  1. 2018.11.23

    予約状況

  2. 2018.10.28

    2019年1月より料金の変更を致します

  3. 2018.10.08

    相棒募集

  4. 2018.10.07

    1ヵ月待ち

  5. 2018.08.23

    残っている部分を最大限に生かす

公式YouTubeチャンネル