お問い合わせ 24時間対応
WEB予約
MENU

ディープ・バック・アームライン

2020.05.17

こんにちは!FUJIREX(フジレックス)代表の藤岡 直也です。本日もトレーナーの方と一緒に学び狂っていきましょう!

今回は、トレーナー向けに配信しておりますので一般の方は飛ばしてください。汗

 

ディープ・バック・アームライン(DBAL)は、脊柱から腕の背面に続く深層の筋膜の連続です。

 

これらの筋肉やDBALが緊張すると、肩の動きに制限がでたり、他の筋肉に負担がかかったりするため、肩周囲の痛みを引き起こします。
また、肩甲挙筋も含んでいるため、肩凝りの原因となる可能性もあります。

 

【走行】
この筋膜ラインは、経絡の「手の太陽小腸経(The Small Intestine Meridian of Hand-Taiyang:SI)※」とほぼ同じ走行をしているのが特徴です。
肩凝りや肩の痛みに小指側のツボを使うのも、この筋膜ラインを緩めるために用います。

 

また、筋膜ラインのスパイラル・ライン(SPL)と接続しているため、SPLの調整も必要になってきます。

短母指伸筋と長母指外転筋腱はこれらの組織を伴うが、両筋はDBALから生じます。

キャプチャ

※小指球筋
小指球筋(hypothenar muscles)とは、小指球(Hypothenar eminence)に存在する4つの筋肉の総称です。
小指球筋は手内筋に分類される筋肉のうちの一部で、ヒトの母指球筋側には存在する内転筋が、小指球筋側には存在しません。

キャプチャ1

【機能】
肩を外転すると、ローテーターカフと上腕三頭筋が筋膜連結で接続します。
DFALとともに機能し、肘の角度を調節します。
また、伏臥位では、上半身の動きをコントロールし、手の内側から肩の背面までを安定させます。

【筋力トレーニング】
キックバック・ウルナルフレクション

【ストレッチング】
1. スカプラ・ディプレッション
2. スカプラ・アブダクション
3. アームハグ・ラディアルフレクション
4. エルボー・フレクション

解剖学、生理学に基づき
科学的根拠のある指導、施術