お問い合わせ 24時間対応
WEB予約
MENU

免疫力

2020.05.06

こんにちは!パーソナルトレーナーの藤岡 直也です。プロ野球独立リーグでプレーしてきた経験を生かしてトレーナー活動をしております。パーソナルトレーナーは全部の専門性が必要になってくるので大変難しい職業ですがやりがいを感じています。

 

さて、本日は『免疫力』について書いていこうと思います。みなさんは、免疫力についてどんなイメージをもたれますか?

・ウイルスを殺す?
・風邪に強い?
・抗体?
・持って生まれたもの?

上記のようなイメージを持たれる方も多いと思いますが『免疫力』というのは自分で作成していくものです。

 

カラダの中に入れる食事に気を遣わず、毎日カップラーメンやスナック菓子、アルコールをバンバン摂取していると免疫力は下がります。

なのでこのブログが読み終わる頃には、

■下痢
■便秘
■頭痛
■めまい
■だるさ

上記のような症状の改善策がわかると思います!

 

免疫とは…感染、病気、あるいは望まれない侵入生物を回避するために十分な生物的防御力を持っている状態を指す。(Wikipedia引用)

 

いわゆる黴菌が体内に入ってきたらカラダを守るために助けてくれるのですね!この免疫が強ければ強いほどカラダが丈夫、「あなたカラダ強いのね!」と言われる人だと思います。

 

ではどうやって免疫を強くしていくのか?

たくさん食べて栄養つけて元気になろうー!は一昔まえで現在ではたくさん食べたからといって免疫が強くなるわけではありません。

一番大切なのは、【本当の栄養の食事】を摂ることです!

特に栄養が足りていないのは、「タンパク質」です。日本人はかなりたんぱく質不足が多いです。いや、毎日お肉や魚を食べてますよ!という声が聞こえてきますが実は食事だけでは足りていないのです。

 

どれくらいの量を摂ればいいの?

体重50Kg の人ならタンパク質1日70~100g摂ってほしいです。今までタンパク質不足やお肉や魚を食べてこなかった人はかなりきついと思いますが、頑張ってとるようにしましょう!

食事だけでは、難しいのでそこで活躍するのが「プロテイン」です。プロテインはカロリーが低いですし効率的にタンパク質を摂取できるのでオススメの食材です。

最近では味も改良されてきて美味しいプロテインがたくさん出てきています。昔は本当にまずかった記憶があります。笑

そこで気になるのが人工甘味料です。継続していくには人工甘味料が怖いという人はいますがこれも比較して考えてみてください。カップラーメンや加工食品、スナック菓子、清涼飲料水を毎日がぶがぶ飲む人の場合はプロテインを飲む方が健康的だと思います。

そういう人に限って日頃からカラダに悪い食材を選択しています。しかも人工甘味料は肝臓で解毒されていますので神経過敏に気にしなくても大丈夫です。

アルコールを毎日摂取、スナック菓子、カップラーメンなどを定期的に食べている方を心配して下さい。汗

そして、血中アミノ酸濃度は4時間で下がっていきますので、1日1食よりも、数回に分けて食べた方が吸収できます。血糖値もゆるやかになりますので暴飲暴食も避けられます。

タンパク質以外でも大切な栄養素はありますが、タンパク質が基本として考えて頂きたいです。タンパク質が足りないとカラダの中に栄養が行き渡りません。

次の記事では、糖質をある程度制限してもらうことも書いていきますが筋肉不足の人も免疫が下がっていきます。アスリートの選手が現役引退後から病気がちになるのは、筋肉不足もひとつの原因です。

タンパク質多めにとると、

■下痢
■便秘
■頭痛
■めまい
■だるさ

上記のような症状が改善されていきます。今までたんぱく質不足の方は急にとりだすと「お腹の張り」「おなら」などの症状が出ますが気にせず継続してください。

1ヵ月ぐらいたつとカラダの変化に気づきます!

ではでは、次回もお楽しみに~(^^♪

解剖学、生理学に基づき
科学的根拠のある指導、施術