お問い合わせ 24時間対応
WEB予約
MENU

筋肉を落とさずに脂肪を落とす方法

2020.05.28

パーソナルトレーナー藤岡 直也です。FUJIREX(フジレックス)

 

ダイエット成功させる秘訣は、体脂肪が燃えやすくなるように摂取カロリーを少し落とし、筋肉量を落とさないためにタンパク質量を上げることが大切です。

 

カロリー制限をする方法は、糖質量を減らすことです。日頃からおにぎりやサンドイッチ、麺類、丼ものを食べている方は全体的に量を減らしてカロリーを制限していきましょう。

 

日頃食べている夕食のご飯の量を少し減らしたりするのは、以外に簡単ですよ!無意識のうちに食べる量が一定になっているのでお腹いっぱいになる前に早く食べてしまう人もいます。

 

早食いがいちばん危険ですね!糖尿病にもなりやすいですし。

 

脂肪の落ち方が悪い時は、糖質量だけではなく脂質の量も減らしていきましょう。特に、コンビ二などで売られているお弁当のお肉やチキンなどの脂肪はトランス脂肪酸も多く含まれていますので健康にもよくありません。

 

トランス脂肪酸は、構造中にトランス型の二重結合を持つ不飽和脂肪酸。 トランス脂肪酸は天然の動植物の脂肪中に少し存在する。 水素を付加して硬化した部分硬化油を製造する過程で多く生成される。(Wikipedia引用)

揚げるより焼く、茹でるなど油を控える料理法を選び、カロリー制限をするといいと思います。

 

筋肉量を落とさないためには?

次は、筋肉量を落とさないに何が必要か?

それは、タンパク質量を増やすことです。ダイエット中はカロリー不足から筋肉量が落ちてきます。

 

基礎代謝のうち38%は筋肉で消費されます。筋力トレーニングをして基礎代謝を上げるとさらに体脂肪を落としやすいカラダになります。

 

さらに、嬉しいことにタンパク質をしっかり摂ると脳が満足してつまみ食いを防ぐことができます。

 

余力がある人は、体脂肪を燃焼させるなら有酸素運動を組み合わせると良いです。

30分以上の有酸素運動をすると、20分以上経過したころから体脂肪がエネルギー限として使われるようになります(^^♪

 

ダイエットが上手くいかない原因は?

食事も運動も頑張っているのに体脂肪が全く燃えてくれない人。。。。。。泣

その原因は、脂肪をエネルギーに変え燃えやすい力が足りないことが原因かもしれません。

 

細胞でエネルギーつくるには「糖質+ビタミンB群+酸素(鉄)」が必要です。

この3つの栄養素のどれか欠けていると脂肪を上手く燃やすことができません。最近では糖質制限が流行っているのでご飯など全く食べない人が出てきています。

 

糖質の代わりに脂肪を燃やすからご飯はいらないと思う方がいますが脂肪を燃やすために最低限の糖質は必要です。特に朝から晩まで働いている人は、頭もカラダも使っているので糖質ゼロは難しいと思います。

 

また、ストレスなどがあればビタミンB群は不足しますし鉄欠乏があれば脂肪を十分に燃やすことができません。

 

燃やせるカラダを作りたいですね!

本日は以上です。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
https://www.mag2.com/m/0001691766.html
有益な「栄養学のメルマガ」もやっています。

初月無料で「月額980円!」1日33円、コンビニや無駄なものを買うのを辞めて自分に投資しましょう(^^)/

まずはご自身の健康から変えていきましょう!

■藤岡 直也メルマガ(栄養学)
https://www.mag2.com/m/0001691766.html

解剖学、生理学に基づき
科学的根拠のある指導、施術